読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
運営の『ヘンテナプロジェクト』については、こちらをご覧下さい。

http://hentenna-project.com/

http://hentenna.hatenablog.com/entry/2014/03/09/121004

自ら足を運んだイベント・映画・ライブを振り返り、2013年を総括してみた。

ついに今日で2013年が終わりますね。 毎年毎年同じことを言っていますが、1年が過ぎるのは早いものです。 当ブログは昨年の12月にスタートし、今月でちょうど1年。PV数は大体毎日1,000くらいに落ち着きました。あんまり他のブロガーと比較したことはありませ…

【※移転しました】園子温 『地獄でなぜ悪い』 にみる、表裏一体の「狂気」と「笑い」  ※未見の方は閲覧注意

※画像はこちらからお借りいたしました。 http://moviefanjp.moo.jp/index/?p=2718 9月28日の公開初日に、渋谷HUMAXシネマズで園子温監督新作映画『地獄でなぜ悪い』をさっそく観てきました。今までの園監督作品にはあまりなかった、完全娯楽モノ。監督自身が…

映画「鈴木先生」を観にいきました(※ネタバレしています)

映画 鈴木先生 オフィシャルガイド作者: 映画「鈴木先生」製作委員会出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2012/12/19メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る 1月12日、待ちに待った映画「鈴木先生」を公開初日に観に…

ロフトプラスワン「映画『鈴木先生』公開直前!緊急PTA会議!」に行ってきました。

映画版「鈴木先生」の公開を3日後に控えた1月9日、新宿にあるトークライブハウス”ロフトプラスワン”で、原作者の武富健治先生、監督の河合勇人さんをメインとしたトークショーが行われました。ゲストに映画監督の松江哲明さん、司会進行役に松谷創一郎さんを…

【※移転しました】「許されているだけ」という考え方について。

「その価値観は許されている。だが、忘れるな。その価値観が正しいんじゃない。ただ許されているだけだ。ほかのあらゆる価値観、あらゆるエゴと同様、その存在を許されているだけだ。」 マンガ「鈴木先生」に、こんなコトバが出てきます。 生徒に避妊につい…

ドラマSP 「鈴木先生の結婚報告」を観ました。

元旦早々に、映画公開記念としてドラマ「鈴木先生」の結婚報告シーンが放映されました。 鈴木先生OP 映画版を非常に推している感が伝わってきますが、内容の8割程はドラマ最終話の鈴木裁判を圧縮したもので構成されており、結婚報告時の鈴木先生の過度な狼…

「鈴木先生」の心に響いたコトバを選んでみました。

鈴木先生のことばかりブログに書いていますが、今回は私の心に響いたコトバをピックアップしてみました。 ピクトアップ 2013年 02月号 [雑誌]出版社/メーカー: ピクトアップ発売日: 2012/12/18メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る ※鈴木先生が第2特集…

川島小鳥写真集「トリコ」を買う予定です。

先日、帰り道に必ず立ち寄る書店の映画コーナーを通りがかると、ふとどこかで見たような人が表紙の本が・・・手に取り見てみると、未来穂香さんでした! 川島小鳥写真集「トリコ」 (TOKYO NEWS MOOK 327号)作者: 箕浦建太郎,川島小鳥出版社/メーカー: 東京ニ…

連続ドラマ「鈴木先生」最終話を観ました。

DVDの5巻を借りなかったことを後悔した日から幾日・・・ようやく最終話「鈴木裁判」を観ました。ドラマでは2話連続で鈴木裁判が行われましたが、やはりマンガの分量をすべて収めることは難しかったと見え、端折られた部分は多かったですが、重要なポイント…

連続ドラマ「鈴木先生」を(DVDの4巻まで)観ました。

もともと武富健治原作のコミック愛読者で、それこそ「折にふれて」読んでいました。それだけにドラマ化と聞いて、不安感が強かったのを覚えています。 教育モノのドラマは数多く、それこそ金八先生から、GTOの鬼塚英吉、ごくせんのヤンクミ、女王の教室の阿…

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ