読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
運営の『ヘンテナプロジェクト』については、こちらをご覧下さい。

http://hentenna-project.com/

http://hentenna.hatenablog.com/entry/2014/03/09/121004

2013.7.23【青葉市子】NHKライブビートの公開収録に参加してきました。

 
 
まずは、この曲を聴いてみてください。
 
あまりに美しい歌声。アルペジオで奏でられるガットギターの心地よい曲。
なんだか自分がどんどん浄化されていくような気持ちになりませんか?
 
青葉市子さんは京都生まれの22歳。同郷の者として、彼女がどんどんメジャーシーンに躍り出ていくのを嬉しく、また、少々さびしく思っていたりします・・・。
 
市子さんの独奏会には欠かさず参加していますが、今回のイベントは何とNHK「ライブビート」というラジオ番組の公開収録。毎月最終週の日曜日に放送される番組だそうですよ。ライブビートには以前、チリヌルヲワカの公開収録のときにも応募したが、残念ながら外れました。それだけに今回当選したのはホントに嬉しい!
 

f:id:you-7188:20130723181707j:plain

 
収録スタジオはNHKに隣接した「ふれあいホール」。意外とイスの座りごこちもよく、良い環境だったのが驚き。もともとラジオの収録を行なう場所だけに音響もグッド。市子さんの透き通る声が活かされる環境で尚良し。
 

f:id:you-7188:20130723181804j:plain

f:id:you-7188:20130723181824j:plain

 
 
やや時間を押してのスタート。市子さんはかわいらしい傘を持って登場。ちょうど東京はどしゃ降りの雨に雷が鳴り響く悪天候だったため、実に粋な演出。市子さんには雨がよく似合う。
 
大体いつもふわふわしたワンピースを着ているのですが、今日のもかわいらしかった。ファンにはその佇まいや歌声から”天使”と呼ばれているようですが、私は”お人形”の方が合っている気がします。もちろん傀儡としての意味ではなく、お人形のような容姿、という意味で。
 
 
記念すべき一曲目は”不和リン”。あまりの美しさと幻想的なアルペジオが、心地よい眠りを誘います。今まで色んな場所で青葉市子さんの演奏を聞きましたが、このふれあいホールがベストワンかもしれません。それぐらい心地よかった。
それにしても、「不和」と「ふわり」という相反するような言葉の掛け合わせが面白いですね。曲調はふんわりなんですが歌詞はちょっとダークな感じで、タイトルの意味合いが何となく伝わってくる。
 
青葉市子ミュージックのキモは、”嵐の中の静謐な空間”、”闇にぽつんと浮かぶ豆電球”、”荒れ狂う海の中をスイスイと泳ぐ魚”といったような、相反していたり、不自然だったりする、不思議な感情をもたらすところにあるのではないかと思う。
 
その相反する感覚は、市子さん自身にも存在している。天使でありながら、人形でありながらも、トークにちょいちょい笑いを交えてくるあたり、やっぱり関西人(といっても京都)なんだなと思わず笑ってしまう。場所がNHKだから、ズキューンズキューン(放送禁止用語・笑)となるようなことを考えてきたなんて言うあたり、意外と黒くてステキ。
 
 
さて、ここでいくつか演奏された曲を紹介⇓
 
 
 
 
 
「奇跡はいつでも」は、その存在自体が奇跡なんじゃないかと思うくらい美しい。優しく包み込まれるような感覚と言うか、つらいときに聞くとホントに泣いてしまうほどの安心感。フラメンコばりの激しいギター捌きの曲もいいですが、やはり私は安らぎを求めて市子さんの曲を聴いていることが多いなぁ。
 
とはいえ、名曲「IMPERIAL SMOKE TOWN」の激しい曲調が醸し出す、暗澹たる世界観もまた捨てがたい。動画がなかったので、⇓を聴いてみてください。
 
 
歌う前に、その曲にまつわるストーリーを詩のように語るのですが、合間合間に声で風を吹かせたり、囀る鳥のように囁いてみたりと、彼女が持つ声の虜にさせられる。市子ワールドにあっという間に吸い込まれていくのがよくわかる。これはライブでしか味わえないので、ぜひ実際に見ていただきたいですね。
 
 
そして、おそらく今現在の市子さんがもっとも観客を虜にしてしまうのが、山田庵巳さんのカバー曲「機械仕掛乃宇宙」。はじめてこの曲を聴いたとき、完全にトリップしてしまったことを覚えています。言うならば一人サーカス。たった一人の歌声と、たった一本のギターで表現される世界とは思えない、圧倒的な物語力。残念ながら市子さんの動画はなかったので、山田庵巳さんの歌を聴いてみてください⇓。
 
 
 
ね、一度聴いたら忘れられないでしょう?
この凄さはライブでしかきっと味わえないですよ。
 
 
ところで市子さんを見ていて、どうにもどこかで見た気がしてしょうがなかったのですが、@musicrobitaさんのツイートを読んで納得しました。
 
 
そうか!ハチミツとクローバーの花本はぐみちゃんだ!
なんだかスッキリしました、ありがとう@musicrobitaさん。
 
 
 
さて少々脱線しましたが、今回のライブビート公開収録は今までのライブのなかでもトップと言って過言ではありません。抽選に当たって本当に良かった。NHKには足を向けて寝られません。。。
 
残念ながら落選された方も、8月25日22:30~23:30にNHK-FMで放送を聴けますので、楽しみにしておいてください。世界が変わりますよ~。

ラヂヲ

ラヂヲ

剃刀乙女

剃刀乙女

檻髪

檻髪

うたびこ

うたびこ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ