読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
運営の『ヘンテナプロジェクト』については、こちらをご覧下さい。

http://hentenna-project.com/

http://hentenna.hatenablog.com/entry/2014/03/09/121004

【フジロック2013】”消費されない音楽”を紡ぎだす、青葉市子とビョークの世界

イベント ミュージック 青葉市子 ライブ

 

FUJI ROCK EXPRESS 2013 ライブレポート”青葉市子”

http://fujirockexpress.net/13/?p=4510

 

あー、まさに天使だ。

 

今年の夏フェス・フジロックは、あのビョークが2日目のヘッドライナーとして参戦したことで盛り上がりましたねー!・・・といっても、私は参戦していませんが。

夏フェスといえば、なんとなく「バリバリのロックを鳴り響かせるぜぃ!」というイメージが浮かんでしまうんですが、ステージによっては落ち着いた場所もあるみたいで、そこではゆるやかな時間が過ぎていくような催しが行なわれています。

 

フジロックにはたびたび参加している、われらが青葉市子さんが出演したステージはまさにそんな場所。名前は木道亭というらしい。ちょうど雨が降ったりやんだりの最中で、猛烈な暑さの中でも一際涼しい空間となっていたそうですよ。

 

市子さんはいつもどおりのマイペースで、他のステージから漏れてくる音も聴こえなくしてしまうほどの世界をギター1本でつくりだし、ぬかるみで足元の悪い中、椅子の置き場所に困るくらい呼び寄せたお客さんを一瞬でその世界の中に閉じ込めてしまった。それくらい、透き通った市子さんの声は、世界を変える。ただ美しいだけじゃない。詩の中には毒気も含まれている。しかも、その毒気はほんのひと匙程。それが、ただ単にほのぼのとした空間をつくりだすのではなく、張り詰めた緊張感も味あわせてくれる。

 

市子さんの歌は、”ながら聴き”がしにくい。ほんの少しの緊張感が、必然的に集中力を求めてくる。それが心地いい。きっと、”消費されない歌”なんだと思う。私たちが本当に求めている歌って、こういうものなんじゃないでしょうか。ああ、多少無理してでもフジロックに参戦するべきだったと反省。

 

ex,同じく消費されない歌といえば、フジロック今回の目玉”ビョーク”の歌でしょう。最近になってまた聴きなおしましたが、彼女の歌も緊張感を求められる気がする。ながら聴きができない。ビョークのためだけにフジロックに日帰りで参戦した知り合いがいるが、納得。それだけの価値がありますね。

 

f:id:you-7188:20130814231323j:plain

FUJI ROCK EXPRESS 2013 ライブレポート”bjorkビョーク)”

 http://fujirockexpress.net/13/?p=5493

 

ラヂヲ

ラヂヲ

Biophilia: Deluxe Edition

Biophilia: Deluxe Edition

Bjork - Volumen II : Greatest Hits [DVD] [Import]

Bjork - Volumen II : Greatest Hits [DVD] [Import]

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ