読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
運営の『ヘンテナプロジェクト』については、こちらをご覧下さい。

http://hentenna-project.com/

http://hentenna.hatenablog.com/entry/2014/03/09/121004

『トモダチコレクション 新生活』にみる、意外とできないゲームでの同性婚問題

この記事を読みました。

『トモダチコレクション 新生活』への同性婚対応を希望する要望運動に対し任天堂が回答 | インサイド

f:id:you-7188:20140509101629p:plain

 

モンスターソフト『トモダチコレクション』


トモダチコレクション 新生活 紹介映像 - YouTube

 

『トモダチコレクション』といえば、2009年6月18日に任天堂より発売されたニンテンドーDS用ゲーム。プレイヤー自身や友だち、知人に親兄弟などのアバター(Mii)をつくり、ゲーム上の世界にあるマンションでの生活を楽しむゲームとして有名ですね。このMiiにはけっこう細かいところまで設定することができます。例えば「声」や「性格」も決められるんですね。据え置き型ゲーム機Wiiやその後継機WiiUや、ニンテンドーDS、3DSを介してMiiの交換、転送を行なうこともでき、子どもを中心に人気は広がっていきました。

 

『妖怪ウォッチ』の成功に学ぶ、メディアミックス戦略のキモとは - ヘンテナブログ

以前に上記の記事でも書きましたが、ゲームソフトって全売上のほとんどを発売2週間で稼いでしまうものなんです。トモダチコレクションは初週売上が10万本ほど。しかしその後も週間5万本ペースで売れ続け、発売3ヶ月後の9月には100万本を突破。2010年3月には300万本を突破したモンスターソフトとなりました。

 

今回話題になっている『トモダチコレクション 新生活』とは、その人気を受けてつくられた続編で、昨年2013年4月に発売されたニンテンドー3DS用ソフトのことです。

トモダチコレクション 新生活

トモダチコレクション 新生活

 

 

意外とできない、ゲームでの同性婚

 

トモダチコレクションでは、マンションに住んでいる人同士でいろんなイベントが繰り広げられます。たいして仲がいいわけではない知人と付き合うことになったり、急に転職したり、いつのまにか喧嘩していたり。現実世界とはまた違った人間模様が見られるのがこのゲームの面白いところなのですが、もちろんゲームですから制約もあります。

 

トモダチコレクションでは住人同士が結婚することもあります。ありえない人と結婚したり、はたまた離婚してしまったり・・・。やけにリアルなんですよね。しかしこの結婚システムでできないことがあります。それが同性婚。

 

今回のニュースは、米国アリゾナに住む任天堂ファンのゲイの男性Tye Marini氏が『トモダチコレクション 新生活』に同性婚を取り入れてほしいとキャンペーンを展開したことに端を発します(ちなみに北米・欧州では今年6月に発売予定です)。

 

 

しかしこのキャンペーンに対する任天堂の回答は、はっきりと断言はしていないものの同性婚を取り入れる意思はないと読み取れるものでした。

 

任天堂は『トモダチコレクション 新生活』の中で、どのような形での社会的主張も行うことは意図していません。ゲームのリレーションシップオプションは面白い別世界でのもので、現実をシミュレートするものではありません。本作を風変わりで面白いゲームとしてとらえ、そこには何の社会的主張も存在しないことをファンの皆さんに理解して欲しいと思っています。

 

現在日本で発売されている『トモダチコレクション 新生活』でも、バグ以外での同性婚はできない仕様です。もしゲーム中でも同性婚をしたいのなら、片方のMiiを見た目はそのままで女性として登録することで可能になりますが、根本的な解決にはなっていませんし、しこりのようなものは残るでしょう。

 

実は、意外と同性婚のできるゲームってないんですよね。私はヘテロセクシャル(異性愛者)なので今まで疑問に思ったことはありませんでしたが、世界的にホモセクシャル(同性愛者)が認められるようになってきている昨今、こうした要素は例えゲームといえども取り入れていいんじゃないかと思います。

 

『トモダチコレクション 新生活』では結婚した二人の間に子どもができる新要素も加えられています(前作では結婚止まり)。ホモセクシャルカップルの場合、これをどうするかが問題になってくるのかもしれませんが、養子をとるシステムにするとか、いくらでもやりようはあるはず。

 

たかがゲーム、されどゲーム。

海外にファンの多い任天堂だけに、この判断は大きな波紋を呼びそうですし、これが業界標準になってしまうのは避けてほしいところです。発売まで2ヶ月を切りましたが、今からシステムを変えるのかどうか。注目です。

 

 

 ※結婚システムといえば、同社のソフト『ファイアーエムブレム』!どんな子どもが産まれるかを見越して結婚させるのが面白い傑作。

ファイアーエムブレム 覚醒

ファイアーエムブレム 覚醒

 
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ