読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
運営の『ヘンテナプロジェクト』については、こちらをご覧下さい。

http://hentenna-project.com/

http://hentenna.hatenablog.com/entry/2014/03/09/121004

LINEが発表した「BEYOND LINE」をテーマとする3つの施策が、世界の「電話」を変える。

【LINE】LINE、グローバル市場での更なる成長に向け、「BEYOND LINE」をテーマに3つの新サービスを発表

http://linecorp.com/press/2014/0226691

f:id:you-7188:20140226210201p:plain

 

「LINE Showcase 2014 Feb.」

これはとんでもない発表会になりましたね!

 

本日、表参道ヒルズ スペースオーにて開催されたLINE株式会社の新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Feb.」で、今後のLINEに関する活動が発表されたわけですが、その3つの項目がとんでもない施策で驚きました。

 

公式ページから引用します↓

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  1. LINEから国内外の固定・携帯電話番号へ低料金で電話をかけることができる「LINE 電話/LINE Call」
  2. 公式アカウントのAPIを活用し、様々なカスタマイズが可能になる「LINE ビジネスコネクト」
  3. ユーザーが制作したスタンプを販売できるオープンプラットフォーム「LINE Creators Market」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これだけではよくわからないので、ひとつずつ見ていきましょう。

 

LINEから国内外の固定・携帯電話番号へ低料金で電話をかけることができる「LINE 電話/LINE Call」

http://linecorp.com/press/2014/0226691より

 

「LINE電話/LINE Call」は、LINEのアプリ上から、国内・国外問わず、一般の固定・携帯電話番号に低料金で電話をかけることができるサービスです。LINEは、無料で音声・ビデオ通話を楽しめる機能を提供してきましたが、利用はスマートフォンを持つ“LINEユーザー同士“のみに限定されていました。 今回、「LINE電話/LINE Call」を提供することにより、“LINEユーザー同士”という垣根を越え、更なるコミュニケーションニーズに対応いたします。

 

これ・・・既存の「電話」というシステムを根本から覆してしまうんじゃないでしょうか!?新しいインフラとして成り立つのは間違いありません。しかも電話料金がめちゃくちゃ安いようで、“30日プラン”という料金プランであれば、携帯電話宛は1分6.5円、固定電話宛は1分2円で通話可能らしい。

 

何この安さ!革命的!

 

ちなみにこの情報は↓のサイトで確認しました。

【#LINE2014】LINE、スタンプのオープン化を発表!LINEをビジネスとして利用可能にするAPIを開放、固定電話・携帯電話と通話が可能に | gori.me(ゴリミー)

f:id:you-7188:20140226211759p:plain

 

公式アカウントのAPIを活用し、様々なカスタマイズが可能になる「LINE ビジネスコネクト」

http://linecorp.com/press/2014/0226691より

 

LINE ビジネスコネクト」は、公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。

(中略)

例えば、これらの機能を応用することによって、公式アカウントへピザのスタンプを送信するだけで宅配ピザの注文ができたり、レンタルしていた商品の返却日前日にLINEで通知を送ったり、LINEから位置情報を送信してタクシーの手配をしたりするなど、様々な可能性が広がります。

 

現在企業からの公式LINEからは、一方的なメッセージ配信しかできないのですが、これがより双方的に最適化されるようです。ピザのスタンプをピザ屋のアカウントに送ればピザが注文されるとか、めちゃおもしろい!地味にレンタル商品の返却期日を連絡してくれるのも便利ですし。企業の使い方によってはもっと便利なサービスができそうですね!

 

ユーザーが制作したスタンプを販売できるオープンプラットフォーム「LINE Creators Market」

http://linecorp.com/press/2014/0226691より

 

 「LINE Creators Market」は、職業、年齢、プロ、アマチュア、個人・企業を問わず、LINEユーザーであれば誰でも自分が制作したスタンプを「LINE ウェブストア」上で販売(※)することができる新たなプラットフォームです。これまでは、LINEのオリジナルキャラクター・有名キャラクターのスタンプおよび、企業によるスポンサードスタンプのみを扱ってきましたが、その枠を越え、誰もが世界3億7,000万人のLINEユーザーに向けてスタンプを制作・販売する機会を得ることができます。

 

「LINE Creators Market」への登録・申請はすべて無料です。LINEによる審査を経て、40種類のスタンプを1セット100円のパッケージで販売することができ、売上の50%が制作者に配分されます。 

 

個人的に一番期待しているのがこれ。今まではスポンサーの公式スタンプしかありませんでしたが、ついに個人で作ったスタンプを配信できるようになります!全世界のクリエイターが待ちわびていたサービスではないでしょうか。LINEの審査を通過する必要があるので、どんなシステムで審査されるのかが問われるとは思いますが、上手くいけば新しいキャラクターが生まれる場所にもなりそうですね。気になる報酬は、LINE株式会社と半々になるようで、40種1セット100円で販売されるため50円ずつの配分となります。

 

すげぇ・・・

これだけの隠し球を突然放り込んでくるとは、LINEの成長はとどまることを知らないようです。もう普通に電話しようとか思わなくなってきましたし、ごく自然にLINEは生活に根付いてしまっています。これから生まれてくる人たちは、LINEがデフォルトの世界に生きていくんでしょうね・・・。

 

そして、そんなLINEを買収しようと画策しているソフトバンク。今回の発表でその買収価格はグングン上がっていくような気がする。どうするんだ、ソフトバンク!?

 

 

プライバシー設定からLINE Playまで LINE完全活用ガイド

プライバシー設定からLINE Playまで LINE完全活用ガイド

 
InRed特別編集 大人のためのLINEのトリセツ。 (e-MOOK)

InRed特別編集 大人のためのLINEのトリセツ。 (e-MOOK)

 
LINE CHARACTER フェイスクッション ブラウン

LINE CHARACTER フェイスクッション ブラウン

 
できるポケット これからはじめるLINE 基本&活用ワザ 公式ガイド

できるポケット これからはじめるLINE 基本&活用ワザ 公式ガイド

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング・にほんブログ村へ